のりとん先生の楽しい家3

カテゴリ:家食( 21 )




よっちゃんキムチ@お取り寄せ

子供の学校から電話がかかってきました。
何でも息子、朝食の納豆を昼に食べようと思ってカバンにしまっていたところ悪友に見つかって教室の床ににぶちまけられ授業にならなかったのだとか。
で、教室には食べ物は持ち込み禁止であり、反省文を書いてもらう運びになりました・・・と。
私、食べ物を残すことに抵抗があり、幼い頃より食べ物は残すなと教えてきました。旅行に行っても残りはタッパに入れて部屋に持って帰ったりしました(本当はいけないことでしょうが、旅館側には内緒の自己責任で)
それって、ぶちまけた悪友が悪いんでないの?と思いましたが、見透かしたように先生、当初は御子息はぶちまけた友達が悪いんだと言っていましたが持ち込んだ君が一番初めの違反者であることを説諭したところわかってもらいました。と、私に言い聞かせるように伝えてきました。
もとより、学校で起こったことは学校で指導してもらうのが当たり前で私の口を出すことではないのですが、なんとなく先生も立場上そうせざるをえんのですよという言い方でした。
信念貫くなら学校相手にクレームつけてもと思いますがそれってイコールやめることなんで・・・。
長い前振りでしたが、そんな子が子なら親も親で、仕事でホテルに泊まったりすると朝食のジャム、食べることなく持ち帰ります。食べないのに。
それを使って嫁さんキムチなぞ作ってくれるのですが、これがこってりして結構美味しい。手前味噌ならぬ手前キムチですが。スーパーで売ってるのはどちらかというとシャバシャバしたすっぱいものが多いようで・・・
同じようなこってりキムチ、意外なところで発見しました。
よっちゃんキムチ。
同じ市内の車で10-15分くらいの韓国から嫁いできたよっちゃんが個人でやってます。
個人でやってるのであらかじめ電話して在宅中に取りに行きます。
本当に個人のおうちの車庫の奥。
e0264287_17302074.jpg
お取り寄せメニューはこちらです。チラシ貰っちゃいました。
e0264287_17302780.jpg
白菜キムチ1kgとチャンジャ200g
e0264287_17303455.jpg
e0264287_17281141.jpg
e0264287_17304227.jpg
サービスにいちおしのイカキムチ少しいただきました。甘めコッテリの美味しさ。ジャムじゃなくて水飴かな?
本場の美味しいキムチいただきました。
ごちそうさまでした。




[PR]



by noritonnxz | 2016-09-12 17:33 | 家食 | Trackback | Comments(3)

松阪牛まん@井村屋

津市が誇る大企業、井村屋。東京ではアンナミラーズ、アパレルでも卑弥呼っていうの経営していました。
とはいえ、私が知っているのは、あずきバー、肉まんアンマンの井村屋です。
年末、どこだったかその井村屋が試験的に松阪牛の肉まんを出したとかききました。こちらも試しに頼んでみました。
到着は年明け。
冷凍で届いて、電子レンジで100秒、チンだそうです。
e0264287_8231574.jpg

ちゃんと材料には三重県産の牛とあります。
e0264287_8232694.jpg

割面はこんな感じ。
e0264287_8233885.jpg

子供に全部取られてしまいました。
[PR]



by noritonnxz | 2016-01-08 08:23 | 家食 | Trackback | Comments(0)

11月に飲んだお酒

11月に飲んだお酒です。
まずは長珍
いつもの山田錦を使った吟醸。生50です
e0264287_8483317.jpg

それに続いて雄町をつかった長珍。同じ大吟醸、50
e0264287_8485181.jpg

味の違い、よく解らなかったです。これから寒くなるとこれからの時期、こってり甘めのお酒が美味しく感じてきます。どちらも美味しいです。
黒龍のいっちょらい。
e0264287_849773.jpg

こちらはやや辛め。でも何にでも合う味わいです。一日の疲れがすっつと取れる安心の美味しさ。
これなんだっけ、どなたかにもらったか何かの飲みきりサイズ。
e0264287_8491878.jpg
知らない銘柄だけど美味しかったので記録します。
[PR]



by noritonnxz | 2015-12-07 08:49 | 家食 | Trackback | Comments(0)

9月に飲んだお酒

プリューレ・ロックという人が作ったニュイ・サン・ジョルジュ プルミエ・クリュ
あのロマネ・コンティの共同経営者ということで買ってみました。
e0264287_848467.jpg
e0264287_8481797.jpg

半年ほど寝かして、なんで買ったか忘れた頃に飲みましたが、美味しかった。
この残りを嫁さんが子供のハンバーグ用のデミグラスソース作るのに使った…というのがなんとも。
言わずと知れた長珍・新聞紙。
e0264287_8482722.jpg

コッテリ酸味バッチリ。山廃とはちょっと違うんだな、これが。
ヒラマツのハウスものと聞きました。シャンパンではなくクレマン。違い、よくわかりません。
e0264287_849744.jpg
e0264287_8492593.jpg
辛口泡です
i一方、ちょっと高級路線
ドゥラモットのヴィンテージもの。2004年です。
e0264287_8502761.jpg

上級グレードとも言えるサロンが、品質が悪くて出さない年にドゥラモットにその葡萄を回しているとか…この年はサロンが出ているはずだけど。
マルゴーのサンテグジュベリ
e0264287_851776.jpg

サンテグジュベリって字体では読めないんですけど、星の王子様を書いた人がそんな名前だったかというくらいはわかります。そのおじいさんか、ひいおじいさんが作ったドメーヌだそうです。
アトンとともに。
e0264287_8541511.jpg

[PR]



by noritonnxz | 2015-10-06 08:51 | 家食 | Trackback | Comments(0)

8月に飲んだお酒


夏は暑い…そのせいもあって淡ものが多かったです。
なんの因果かドン・ペリ
e0264287_11365575.jpg

モエの上級版ですが、ボトルがでかくて冷やすのに難儀します。
アトン。フランス人はHが発音できないのでハートンではなくアトン。
e0264287_11375515.jpg

でもオーナーは明治屋です。
6本頼んでいたのがこの月で1本しか残っていません。ビールがわりにグビグビです。
白ワインのアチチュード
e0264287_11381520.jpg

エノテカで頼みました。シャルドネ種ではなくちょっと青臭いソービニヨンブラン種です。
ドゥラモットのNV。
e0264287_11384187.jpg
NVでもさすがのドゥラ。泡の立ち方は高級酒。
ようやく日本酒がやってきました
三重錦
しぼりたて。
e0264287_11385952.jpg
伊賀にコネあるタッキー師匠からいただきました。なんのお魚だったか…あ、イカでした。ワタと一緒にしたホイル焼きで頂いたんでした。エアコンきかせて頂きました。
青空 颯
e0264287_11392637.jpg

これも師匠からです。その時の釣果が…でして、家にある肉系のもの肴にして頂きました。
今月は外で飲む機会多かったような。
決して酒量が減ったわけではありません。剣呑、剣呑。
[PR]



by noritonnxz | 2015-09-07 11:40 | 家食 | Trackback | Comments(0)

7月に飲んだお酒


何のんだっけ…
記憶も曖昧な分、知らないあいだに肝臓に無理させているのかと思い反省がてら記録。
まずは来ました、本年度出来たての新酒
e0264287_8595459.jpg

長珍の新聞紙50。26Byものです。
例年と違って、酸味、コッテリ度が少なくなり、言い換えればクセのない味わいになりました。例年のコッテリトロリも好きなんですけど、これはこれで美味しいです。
大坂屋長兵衛という大吟醸。4合瓶でいただきました。
e0264287_90329.jpg
大吟醸らしい香り豊かなものでしたが味わいもしっかりしたものでした。
悦び凱陣の大吟醸
燕石の次のブランドです。
変わらぬバランスの良さ。気づけばなくなってました。
e0264287_925829.jpg

モエシャンとシャサーニュモンラッシェ、ブランガニャールのもの。
e0264287_91713.jpg
e0264287_911982.jpg

こうしてふと見ると私って辛口シャープなのが好きなんだと思います。長珍のコッテリも好きなのに。
ひらまつからお取り寄せ、ボルドーのジーンフォール
e0264287_931782.jpg

実は2004のドンペリと抱合せの品で、しかも会員価格で安かったのであまり期待していなかったのですが、結構ボルドーらしいフルの味わいで3本飲みました。
百年の孤独
e0264287_934222.jpg

有名になってなかなか手に入らない焼酎ですが頂き物です。
ま、おししい焼酎。外で飲むと他の焼酎と比較できて美味しさの違いもわかるのですが
家飲みだとおいしいとしかわからないです。
[PR]



by noritonnxz | 2015-08-10 09:03 | 家食 | Trackback | Comments(0)

焼鳥 赤い鳥 @津


たまには子供たちとも外食。何処に行きたいか?尋ねると、焼き鳥といいます。
赤提灯系のお酒メインの焼き鳥屋はだめとしてもここなら子供がいてもいいだろう。
と、来ました。赤い鳥。津駅前のアスト津、地下1階にあります。前回断られたのであらかじめ予約しておきました。
e0264287_12543874.jpg

チェーン店によくある、安いけど冷凍で味は…と永らく思っていましたが、鳥の卸会社がやっているとかで東海地方に数点だけらしいです。炭火ではありませんが冷凍でもありません。そういえば名古屋駅前にもあったなぁ。
で、子供たちにはガッツリ食べてもらいましょう。
メニュー見ながら適当~多めに頼みます。
e0264287_12545459.jpg
e0264287_1255484.jpg

まずは鶏皮アラレ
e0264287_12551771.jpg

続いて造りの盛り合わせです。
e0264287_12552847.jpg

手羽先で有名な一福で食べる時とと同じ頼み方。(ちなみにこの日一福はお休みです)
盛り合わせ
e0264287_12554247.jpg

そして鳥そうめんが出てきます。
e0264287_12555349.jpg

スープは美味しいのですが作り方の見当つきます。今度家でも試してみようと嫁さんが味わってます。
この頃になるとお腹いっぱいですがササミわさび、梅と出てきます。
e0264287_1256731.jpg

トドメはササミの霜降り。
e0264287_12561768.jpg

生系はお持ち帰りダメなので必死になって食べました。ごちそうさま。
赤い鳥 津駅店)
TEL・予約059-229-7111
住所三重県津市羽所町700 アスト津 B1F
営業時間11:00~14:00(L.O.13:30) 17:00~23:00(L.O.22:00)
無休
[PR]



by noritonnxz | 2015-07-08 12:56 | 家食 | Trackback | Comments(0)

6月に飲んだお酒

6月。週末に飲みに出かけることが多く、日曜日は二日酔い状態。で、日曜もお酒少なめ(やっぱり飲むんかい)でして、結果ちょっと少なめで済んでます。
大吟醸越後桜。
e0264287_111126100.jpg

私が楽しみにしていた大吟醸を料理に使った嫁さんが私のあまりの怒りに恐れおののいて買ってきてくれました。4合瓶。極めて普通に飲めました。どちらかというと香り少なめの吟醸っぽい料理に合うお酒。
両親からおすそ分け。
シャトー・ラトゥール・マルティヤック 
e0264287_11132726.jpg

 ラグラーヴ・マルティヤック 
e0264287_11134591.jpg

赤はシャトー名がついていますが、白はそのセカンド。
赤について言えばボルドーの重い、しっかりした感じはあまりありません。香りは…
きっと保存がいまいちだったんだろうな、デキャンタージュしたのですが、もう一歩花開きませんでした。
白は軽めで、海のもの。今回はホヤで頂きましたが、酢醤油でも美味しく飲めました。(ワインに酢は合わないと言われているのですが)
ワインが続きます。
レカイユのシャトーヌフデュパプです。
e0264287_11145898.jpg
ビンテージは・・・忘れてしまいました。
ぶどうがグルナッシュ中心で茶色味かかり、ちょっと古酒の香りがしていました。
実は私の誕生日に嫁さんに恒例タンシチューを作ってもらいまして、それに合わせるため。
e0264287_11151218.jpg

お刺身ももらいましたが。
e0264287_11152387.jpg

ようやくきました。日本酒。
悦凱陣の燕石。それも貴重な生。
e0264287_11154882.jpg

これはいつもの火入れと飲み比べしてよと酒屋の店主に言われたのですが、もったいなくてこれだけいただきました。はっきり言って飲み比べないと違いはわからない。美味しさ不変です。
三宅酒造の迎春朝搾り
e0264287_11162112.jpg

朝搾ったものをその夜に飲む。贅沢なお酒です。
ま、詰めてもらったものをこの時期に飲むわけですから蔵元さんの苦労を無にするような飲み方ですが。
ワイン風に言えばボディ位のしっかりとした伝統を感じさせる酒。
ひらたくいうと、ちょっとアルコール濃いですね。でも香りがしっかり。その上でのボディしっかりです。
今月はまぁまぁかな。とはいえ結構外飲みしたからなぁ。
[PR]



by noritonnxz | 2015-07-01 11:17 | 家食 | Trackback | Comments(0)

5月に飲んだお酒

5月はGWや週末に外で飲むことが多くて、家ではできるだけ控えるようにしていました。
でも、振り返ってみると、結構飲んでるんだ…反省。
まずは上善如水の大吟醸。
e0264287_12394631.jpg

地酒ブームに乗り越後、南魚沼の有名なお酒になりました。その大吟醸磨き度45%です。
私が出せる限界の1万円。さらりとした感覚を期待していましたが、意外に濃厚な気がしました。水の如しというよりコメの酒…の如し。
バロンドゥロッシュブリュット
e0264287_12403174.jpg

3000円しないお手軽シャンパンですが、銀座のマキシムドパリが店を閉じると聞いて、パリの本店のハウスシャンパンだとかで買ってみました。はっきり言って、私の舌ではカバもスプマンテもよくわかりませんがドライなすっきり系です。
お仕事で、珍しく講演したあとご馳走になったさん喜ちでのお酒。
e0264287_12411643.jpg
e0264287_12413377.jpg
4人で飲んだのですが半は私が飲んだかな?お酒の美味しさというより講演で下手打たなかったストレス開放からか美味しさを味わうよりはがぶ飲みで満足しました。
e0264287_12414797.jpg

つまみ。アサヒガニとうに載せ昆布の炙り焼きを代表に。うまかったです。
釣りに行ったとき、若ものがくれた飛騨のお酒。
e0264287_1243795.jpg
e0264287_12432347.jpg

大吟醸と醸造酒がありましたが、醸造系のガツンを。大吟醸は香りを楽しもうと思って大事に取っていたら嫁さんがお椀ものに使ってしまいました。椀ものは美味しかったけど抗議の意味を込めて3日ほど口訊きませんでした。その後。
e0264287_12463416.jpg
岡山の三宅酒造での大吟醸。都というここでしか使わない酒米で作ったそうです。
岡山なら雄町米。単純にそう思っていましたが同じような栽培が難しくて最近になってようやく復活してきた米だとか。こってりして、ロックで飲むと溶けた水で濃さが変わって美味しさが引き立ちました。
e0264287_12465883.jpg
そして、いつもの長珍新聞紙の50。そろそろ長珍酒造さんはGWあけに新しい年度のお酒を出荷してきます。それも楽しみですが、今のも十分美味しいです。
e0264287_12471228.jpg
あと、これもいつものモエエシャン。円安で高くなりました。数少ないキープ、もう少し大事に飲まなきゃ
[PR]



by noritonnxz | 2015-06-01 12:47 | 家食 | Trackback | Comments(0)

4月家飲みしたお酒

まずは日本酒、凱陣の燕石
e0264287_12335352.jpg

燕石って燕が巣を作るのに持って行って磨き上げ宝玉のように見える石をを言うらしいです。はっきり言ってまがい物。なんか最高級酒に付けるのにふさわしくないなぁと思っていたら地元の明治維新の時の英雄の名前だそうです。あと、詳しいことは忘れました。なにせ美味しければ文句ないので。
このお酒は全てにバランスが取れた私の中で最も美味しいお酒です。高いけど。
そういえば、美味しんぼという漫画にも出てたそうです。
響17年
e0264287_1234459.jpg

最近でこそ、21年や30年ものも出てきた響ですがスタンダードは17年。4月から値上がりするというので3月末に2本買っておきました。空けたのは1本だけです。
義左衛門生貯蔵300cc
e0264287_12342766.jpg

大寿司でいつも頼むお酒、義左衛門。それと同じものをスーパーで飲みました。
安いです。こういったお酒はなまじ家で飲めるようになると安さにつられてつい飲みすぎてしまうので要注意。戒めとして記録。
シャトー・ランシュバージュ2008年
e0264287_12343846.jpg

ボルドーの格付けワインということでありがたがって買い置きしてました。
ワインセラーをもっておると自慢する割には予算ケチっているので、棚とか買わないで直積み。なので買い置きしたものが底に溜まってあるの忘れてしまいます。これもその一つ。当時の記録を見ると1万円を切る価格で買ったのですが、今や3万円弱の値段が付いています。うしし、儲けたような気分でデキャンタージュしていただきます。
長珍新聞紙50
e0264287_1235314.jpg

新聞紙シリーズには50の他に40、60もあります。この数字は精米度。少ないほど磨き度が高く高級ということになります。でも私、40は高級すぎて長珍の特徴であるコッテリマッタリがなくなり他の酒造メーカーのものと違いがわからなくなるので50が好きです。60になるとちょっと雑味的なものが気になるんですが。(あくまで50と比べてですが)
黒龍いっちょらい
e0264287_12353153.jpg

黒龍は石田屋っていうお酒が有名です。私も1本分けてもらったのを大事に取ってあります。でもそれはなかなか手に入らず、もう一方のリーズナブルでおしいので有名なのが
このいっちょらい。冷で飲むのがいいですね。写真を撮った日は小鯛の笹漬けでいただきました。翌日は毛蟹でした。北陸気分満点でした。
ピュリニーモンラッシェ、エティエンヌ・ソゼ2009
e0264287_12362093.jpg

嫁さんがたまには白を飲みたいというので奮発して飲みました。値段的には燕石よりさらに高く長珍の4倍ほど。しかし、ランシュバージュといいワイン高いですね。味はスッキリ辛口の代表ピュリニーです。予算使い果たしてつまみはスーパーのネギトロ巻きでした。

うーん、来月はもう少し絞らねば。肝臓くんごめん。
[PR]



by noritonnxz | 2015-05-07 12:36 | 家食 | Trackback | Comments(0)

日常に起こったことをささやかに記録。食事系中心です。
by noritonnxz
プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

最新のコメント

初めまして。 えーっと..
by noritonnxz at 10:48
さるコメントいただきまし..
by noritonnxz at 13:23
甘いというより相当な親ば..
by noritonnxz at 18:12
自分の子供に対して甘いですね
by なんかな? at 12:40
ママさま、初めまして。ご..
by noritonnxz at 11:39
高級…と言ってくださり光..
by 銀座由美ママです! at 12:26
ここでたらふく飲んで会計..
by はニワ at 06:55
お肉届きました。夏休みの..
by shirayuki312 at 08:33
最近のフェラーリってアイ..
by noritonnxz at 18:41
わかりました~ また、..
by noritonnxz at 13:17

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

うえの山 @名古屋
at 2017-03-27 12:25
メンコウ ともや 三重大前店..
at 2017-03-23 19:49
銀座ライオン@東京
at 2017-03-10 12:46
美寿思 @東京汐留
at 2017-03-07 18:29
和喜@川崎
at 2017-03-06 12:32

外部リンク

ファン

ブログジャンル